「腎臓がん」(腎臓癌)の手術件数の全国病院ランキングです。2017年の実績ベース。厚生労働省(厚労省)のデータに基づいています。腎臓(じんぞう)癌専門の医師がいる全国の病院が対象です。 1位は東京女子医科大学病院。2位は九州大学病院、3位は横浜市立大学病院となっています(リトリート編集部 大畑亮介)。

手術件数ランキング(全国トップ30)~2017年実績

順位 病院名 手術数
1位 東京女子医科大学病院
(東京)
297
2位 九州大学病院
(福岡)
111
3位 横浜市立大学病院
(神奈川)
106
4位 東京慈恵会医科大学病院
(東京)
103
5位 神戸大学病院
(兵庫)
103
6位 岩手医科大学病院
(岩手)
96
名古屋大学病院
(愛知)
96
8位 東京医科歯科大学病院
(東京)
94
9位 東京女子医科大学東医療センター
(東京)
93
10位 藤田医科大学病院
(愛知)
91
11位 県立静岡がんセンター
(静岡)
88
12位 北里大学病院
(神奈川)
87
13位 市立札幌病院
(北海道)
86
14位 埼玉医科大学国際医療センター
(埼玉)
84
15位 大阪市立大学病院
(大阪)
83
16位 千葉大学病院
(千葉)
79
がん研有明病院
(東京)
79
18位 東京慈恵会医科大学柏病院
(千葉)
77
19位 東京大学病院
(東京)
75
20位 JCHO仙台病院
(宮城)
72
神戸市立医療センター中央市民病院
(兵庫)
72
鹿児島市立病院
(鹿児島)
72
23位 東海大学病院
(神奈川)
71
大阪国際がんセンター
(大阪)
71
大阪医科大学病院
(大阪)
71
岡山大学病院
(岡山)
71
27位 信州大学病院
(長野)
70
28位 恵佑会札幌病院
(札幌)
68
虎ノ門病院
(東京)
68
杏林大学病院
(東京)
68

腎腫瘍

病気のあらまし

腎臓に発生する腫瘍です。

大半は悪性で、腎細胞がんや腎孟がん、ウィルムス腫瘍(子どもの病気)などがあります。

症状

初期には無症状で気づきにくく、進行すると血尿、発熱、腹部のはれ、腹痛、腰痛などがあらわれます。

経過・予後・治療

悪性のことが多く、腎腫瘍が疑われれば迅速に診断・治療しなければなりません。

手術でよくなることも多い半面、転移があると治りにくい病気です。

治療は原則として手術です。

補助的にインターフェロンが使用されることもあるほか、転移などに対して放射線治療をおこなうこともあります。

<引用文献>
「新検査のすべてがわかる本―健康診断と検査結果を生かす」