「肝臓癌」手術数の全国病院ランキング

「肝がん」(かんがん)の手術数の全国病院ランキングです。 肝臓がんの手術数は1位が順天堂大学順天堂医院。2位はNTT東日本関東病院、3位は東京大学病院となっています。 厚生労働省(厚労省)の病院ごとの手術数に関するデータに基づいています。各病院の評判や口コミを募集中です。(戸川利郎・健康インストラクターまとめ)

「肝臓がん」のランキング(トップ30)~2015年

順位 病院名 手術数
1位 順天堂大学順天堂医院
(東京)
542
2位 NTT東日本関東病院
(東京)
403
3位 東京大学病院
(東京)
401
4位 近畿大学病院
(大阪)
286
5位 松山赤十字病院
(愛媛)
246
6位 済生会新潟第二病院
(新潟)
231
7位 三井記念病院
(東京)
225
8位 和歌山県立医科大学病院
(和歌山)
216
9位 明和病院
(兵庫)
206
10位 札幌厚生病院
(北海道)
194
11位 武蔵野赤十字病院
(東京)
192
12位 大阪赤十字病院
(大阪)
189
13位 虎の門病院
(東京)
187
14位 千葉大学病院
(千葉)
176
15位 金沢大学病院
(石川)
175
16位 徳島県立中央病院
(徳島)
164
17位 静岡県立総合病院
(静岡)
159
18位 岩手医科大学病院
(岩手)
148
19位 愛媛大学病院
(愛媛)
136
20位 高知大学病院
(高知)
134
21位 大阪府立成人病センター
(大阪)
131
22位 岡山済生会総合病院
(岡山)
130
23位 横浜市立大学病院
(神奈川)
129
24位 三重大学病院
(三重)
125
25位 徳島大学病院
(徳島)
121
26位 神奈川県立がんセンター
(神奈川)
111
27位 大垣市民病院
(岐阜)
110
県立静岡がんセンター
(静岡)
110
済生会福岡総合病院
(福岡)
110
30位 大阪府立急性期・総合医療センター
(大阪)
109

肝がん(肝臓がん)とは

肝がんは、肝細胞がんと胆管細胞がんは、肝臓そのものからできるがんです。

一緒にして原発性肝がんといいますが、ときには、単に肝がんと呼ぶこともあります。

日本は、原発性肝がんの発生率が高い国です。

原発性肝がんの大部分は肝細胞がんです。

肝細胞がんは、肝臓のおもな細胞である肝細胞からできるがんです。

肝臓は、がんの発育によって大きくなります。

胆管細胞がんは、肝臓の中にある胆管の上皮細胞からできるがんで、肝内胆管がんとも呼ばれます。

肝細胞がんに比べるとまれです。

肝細胞がんと胆管細胞がんは、おもに血管を介して他の臓器へ転移します。

また男性に多く見られます。

<引用文献>家庭医学辞典 神奈川県情報処理産業健康保険組合 2001年9月発行