「肺癌」手術数の全国病院ランキング

「肺がん」(肺癌)の手術数の全国病院ランキングです。 肺がんの手術数は1位が国立がん研究センター中央病院。2位は国立がん研究センター東病院、3位は(国)姫路医療センターとなっています。 厚生労働省(厚労省)の病院ごとの手術数に関するデータに基づいています。各病院の評判や口コミを募集中です。(戸川利郎まとめ)

「肺がん」のランキング(トップ30)~2012年

順位 病院名 手術数
1位 国立がん研究センター中央病院
(東京)
466
2位 国立がん研究センター東病院
(千葉)
355
3位 (国)姫路医療センター
(兵庫)
348
4位 順天堂大学順天堂病院
(東京)
322
5位 神奈川県立がんセンター
(神奈川)
284
6位 がん研有明病院
(東京)
263
7位 倉敷中央病院
(岡山)
254
8位 愛知県がんセンター中央病院
(愛知)
247
9位 虎の門病院
(東京)
244
10位 県立静岡がんセンター
(静岡)
240
11位 東京医科大学病院
(東京)
238
12位 (国)近畿中央胸部疾患センター
(大阪)
223
13位 札幌南三条病院
(北海道)
214
14位 兵庫県立がんセンター
(兵庫)
212
15位 産業医科大学病院
(福岡)
205
16位 大阪府立成人病センター
(大阪)
204
17位 仙台厚生病院
(宮城)
201
18位 名古屋大学病院
(愛知)
198
19位 聖隷三方原病院
(静岡)
191
京都大学病院
(京都)
191
21位 県立がんセンター新潟病院
(新潟)
184
22位 自治医科大学病院
(栃木)
183
23位 岡山大学病院
(岡山)
180
24位 石川県立中央病院
(石川)
176
(国)山口宇部医療センター
(山口)
176
26位 市立広島市民病院
(広島)
174
27位 大阪市立総合医療センター
(大阪)
173
(国)四国がんセンター
(愛媛)
173
29位 自治医科大学さいたま医療センター
(埼玉)
172
30位 熊本大学病院
(熊本)
167

肺がんとは

肺がんは、気管支肺胞系の上皮および気管支腺から発生するがんで、組織的に、扁平上皮がん、腺がん、小細胞がん、大細胞がんに分類されます。

喫煙と関係があり、とくにブリンクマン指数(喫煙本数/日×喫煙年数<年>)との相関が示されています。

また、放射線被爆、大気中のアスベスト、化学物質の吸入が原因としてあげられます。

年々増加しており、男性では胃がんに次いで多いです。

初発症状としては、咳・痰(血痰)・胸痛・息切れなどがあります。腫瘍の部位・進展によって、特徴的な症状が出現します。

<引用文献>病名・症候辞典 照林社 2001年4月発行